Tea-Wi's Peaceful World

プレイしたゲームとかの記録をつれづれと( ❛‿❛ )

【GTA:SA】Grand Theft Auto: San Andreas クリア感想

飛行機から飛び降りるCJ。ミッションの豪快さはGTA5と並びシリーズ最高レベル。

GTA4の3部作をクリアしたので次は5かなぁと思ったのですが、思いつきでSAを。
GTA:SAは今なおシングルプレイのGTAとしては最高傑作と名高い作品です。GTA5が良くも悪くもオンラインありきの作りなのでSAの充実ぶりが目立ちますね。

ただゲームボリュームが本当に異常に多いため、過去に1周遊んで満足しちゃった作品でもあるんですよね。他作品は大体周回しているのですが。
そのためあんまり内容を覚えていなかったのと、今回はサブミッションもほぼ全てプレイしたのでかなり満足度高かったです。

今回プレイしたのは旧Steam版で、現在はリマスター版に置き換えられたため新規購入不可能なバージョンとなっております。
実のところリマスター版はあんまり評判よろしくないらしいですね。動画を観る感じだと悪くなさそうなのですが。

日本語化はkagikn's様のブログを参考に行いました。

kagikn.com

その他のMODは同氏のピックアップ発光MOD、バグ修正系のSilentPatchやWideScreen化、コントローラ対応のGInput、グラフィック強化のSkyGfxといったところでした。
グラフィック強化MODは他にも試してみたんですが結局没に。特にENB系はイマイチですね。

続きからゲームの感想を。

広大なサンアンドレアス

『5』でもおなじみバインウッドの看板から、砂漠、海沿い、田舎町まで


GTA:SAは未だに3D化以後のシリーズで3つの都市が登場する唯一の作品です。
主人公カール・ジョンソン(CJ)の故郷であるグローブ・ストリートが所在するロスサントス、ロスサントスを追われたCJが辿り着いたサンフィエロ、サンフィエロで地盤を固めたCJが進出したラスベンチュラスの3つです。

そしてこの三大都市の間には山岳地帯や砂漠地帯があり、そこにも集落が点在しているなど、風景が非常にバリエーションに富んでいます。

単純な広さで言えば後のGTA5の方が上ですが、この都市間を繋ぐ自然地帯の存在もあってバリエーションの多彩さはSAには及んでいません。
高低差が緻密に配置されていてプレイヤー目線的にも広さを感じさせやすいのもいいですね。

また広大な都市が3つ存在することによって飛行機やヘリといった航空機による移動が非常に役立つというゲームデザイン的にも非常に優れたマップとなっています。

個人的には3都市ではサンフィエロが一番好きですね。
一番小さい都市ですが、その分いい感じに施設がまとまっていて暮らしやすそう。

充実したサブミッション

写真撮影や車輸出といったサブミッションはサンフィエロの十八番

本編でさえ非常にボリュームがありますが、恒例の車運びや職業ミッションなどは健在。
おなじみ収集アイテム系は3都市それぞれに個別に存在している上、更に水中にあるものまで含め合計4種もあります。

変わったところでは自動車や飛行機の教習所も。
そしてギャングのシマ争い。ロスサントスを緑で染め上げろ!

更に今回は自動車や飛行機などの教習所があり、クリアすると貴重な車やヘリが貰えたりします。
特に飛行機教習所のオールゴールド達成賞品は武装ヘリの「Hunter」なのは大きな目玉。

そしてロスサントスではバラスバゴスといったライバルギャングたちとの抗争を繰り広げることも出来ます。
現在のシマ(縄張り)はマップに表示されますので、それをグローブ・ストリートの緑で染め上げるのはとても楽しいです。
ちゃんとアガリが上納されるのでゲーム的なメリットもありますね。防弾チョッキや銃弾も補充できるので死なない限りは赤字になりませんし。

CJと愉快なキャラクターたち

トライアドの連中の愉快さは異常。
CJの最大の協力者となるウージーは実は盲目のカリスマである。

GTAシリーズは毎作のように個性的なキャラが出てきますが、今作もその例に漏れません。
仲間のために身を投じることを厭わないCJ、羽振りの良いギャングメンバーにして裏切り者のビッグ・スモーク、悪徳警官点テンペニー、妹の彼氏で良き親友シーザーなどなど。

そして地味にギャグ要素が強いトライアドの愉快な連中。首魁のウージーからして盲目であることをゲーム内で散々ネタに使うあまりに面白いキャラです。
『III』から登場のカタリーナやクロード、サルバトーレもよく目立っており、世界の繋がりを感じさせてくれます。

今なお大傑作、GTA好きならやる価値あり

最新作GTA5はオンラインを想定した作りであり、一部自由度が犠牲になっていたりと遊びの幅が少々狭まっている欠点がありました。

その点でやはりGTA:SAは完全なシングルプレイ専用のゲームですから、ひとりで遊び尽くすボリュームとしてはやはり空前のものがあります。

今ならリマスター版が出ているので、そちらでプレイするのも良いかもしれませんね。ただMOD遊び等をするなら、やはりなんとかして旧PC版が欲しいところかもしれません。